講師の道具箱

講師初心者からプロまで、お役立ち情報まとめサイト

*

小澤医院レポート1

   


愛知県は碧南市にある病院、小澤医院。

メスも薬も使わない治療をする病院です。

ここには主にガンを患った方が入院しているようです。

==【波動測定】===================

入院初日は、機械を使って波動を測定します。

機械につながっている鉄の棒をもって、先生の質問に答えていきます。

気になる症状を伝え、機械がその項目の波動を計るというものです。

数値の範囲は-21~+21の範囲で表現されます。

このマシンは、YesかNoを音で表現します。

Yesならパッパー、Noならプェ↑ップー↓ゥ みたいな。

数字を0に合わせて、YesかNoを聞く。

違ったら、数字を1つずらして聞いていく…というもの。

ちなみに僕は、

免疫は-20、アレルギーが-21(測定範囲外)、肝臓機能-21、ストレス-17。

るんちゃんは、全項目-21。子どもたちはプラスの項目もありました。

項目は気になるものを伝えたら先生が追加してくれます。

体の治療(デトックス?)は、+21になってから始まるんだそうで、

そのスタートラインに立つために、波動を計る毎日が始まります。

波動を上げていくためにすることは、波動を上げてくれる食事を撮ること。

マシンにその食材を乗せて波動を測り、+に数字が変わったらOK。ーだとダメ。

ちなみにテストで、砂糖や魚(鰹節)を試したら、波動が-21に。

玄米を試すと-19に。1だけプラスされました。玄米が合うという考え方です。

あと怪しいミネラル。これが3つも波動を上げてくれました(笑)

その名も「ペグマス2001」。ググっても出てきません。

赤外線を発する石を砕いたものらしく、ミネラル補給も兼ねて、

これを飲むことになりました。

味は、石ですね…。

飲む量と時間帯は、Oリングテストみたく、

さっきの機械でYes、Noを聞いていきます。

6時~9時の間で、スプーン1つ飲むことになりました。

その後、指に電気を流し、波動を整えます。

なんか治療っぽい感じです。

5分タイマーして終了。

その後に、また波動を測ります。1ずつ上昇。

==【食養がいちばんの治療】==============

ここの病院食はマクロビです。玄米菜食。

一人ひとりの体の陰陽を計測して、それに合わせて食事がでます。

ちなみに僕は極陽ということで偏りすぎでした。

でも陰の食べ物をとればいいというわけでも無いようで、

納豆や豆腐、リンゴやみかんなど、

ちょっと陰に偏っている食材も許可されますが、

基本的には中庸に位置する食材を食べることになります。

(玄米、ニンジン、大根、レンコン、ノリ、わかめ、昆布、ひじき、etc…)

完全無農薬の、農家さんと直接やりとりをしているとのことでした。

ちなみに子どもたちも、この食事をすることになったのですが、

問題は給食。

給食をやめて病院食をお弁当にしてもっていきます。

しかも、タッパーやサランラップは波動が合わない(笑)

漆塗りの輪っぱ弁当箱、漆塗りの箸、竹の葉が合ったので、お店から取り寄せました。

弁当箱1つ1万2千円… 箸は2千円くらい。

一生ものの弁当箱として大切にしてほしいと願うばかりです。

おにぎりにした玄米は、竹の葉で包みます。

学校も弁当持参に理解を示してくれて一安心。友だちも問題なかったようです。

1日2食。9時に朝ごはん、16時に夕飯。間食はなしの生活です。

一口200回噛むことを目安に、家族でモグモグ頑張っています。

==【院長による気功治療】=================

基本的に毎日、お昼の12:30からは気功の治療を受けます。

最初はゆったりとしたBGMに合わせて、誘導催眠からスタート。

頭の力が抜けていく、頭の力が抜けていく、頭の力がスーッと抜けていく…

目の力が抜けていく、目の力が抜けていく、目の力がスーッと抜けていく…

から

左足の力が抜けていく、まで全身の力を抜く誘導をします。

「呼吸はとてもラクにできて、朝はスッキリ目覚め、夜はぐっすり眠り

 食べた物はすべて血となり肉となり、体の隅々までいきわたり、

 神経系も消化器系も、呼吸器系も、循環器系もすべてが順調に動いています」

といった、いい感じの状態をイメージさせる誘導も。

その後、気功が始まります。

ちなみにこの気功を受ける部屋。

手術室です(笑)

昔はお母様が産科だったそうで、新生児室跡があったりと、名残もあります。

この手術室には、あちこちにピラミッドのような

三角形のオブジェが吊るされています。

気が良くなるんだそうです。

入院患者みんなが寝転がり、順番に先生が回っていきます。

第一チャクラから第七チャクラまで、順番に手を当てていきます。

(恥骨付近~頭のてっぺんまで)

一通り終わったら、誘導催眠を解くために、10数えて手を「パン」とならし、

手足を伸びをして終了。

月曜日と金曜日は、質問タイムがあります。

「何か質問ありませんか?」

==【病気とは細胞が酸化した状態である】==========

2時間おきに、25分間の電気治療があります。

その名も「エナジーmi」

電極を手足につけて寝転がるだけです。

ピリピリと感じますが、体にマイナスイオンを注入するものらしいです。

これしなくてもいいのですが、すでに入院費に治療代として入っているとのこと。

しないと損だと言われると、やりたくなるのが心情でしょうか(笑)

この25分間、座っててもいいとのことだったので、

瞑想の時間にしています。

ちなみに僕は超がつく帯電体質で、歩く静電気と言われるほど

バチバチいっています。

でも、このマシンを使った後はしばらく静電気が起きない。

マイナス電子は受け取っているようですね。

==【ハイゲンキ】=====================

毎週木曜日は、院長の気功がありません。

その代わり、ボランティアの人が来て(おじいちゃん2人)、

機械を使った気功をしてくれます。

その機械の名前は「ハイゲンキ」

見た目はドライヤー二刀流。

2つのドライヤーらしきものをチャクラに当てていく感じ。

そして音気(おんき)といって、

DVDで気功をしている姿を音楽に乗せて流しています。

聞くだけで気の流れが整うそうです。

DVDは会員にならないと手に入らないそうですが、

CDは一般販売されているらしい。

ちなみにこの機械も一般販売はされておらず、

会員になる必要があります。

会員のなり方は、合宿セミナーに参加すること(笑)

機械の値段は分かりませんでしたが、そのセミナーは40万円くらい。

先代はすでに他界していて、今は二代目(息子)が受け継いでいるそうです。

ーーーーーーーーーーーー

ということで、

まだまだ病院の中を探検しきれていませんが、

またレポートしますね(笑)

 - 未分類

コメントを残す

  関連記事

no image
Episode3 今日の尋問「何でもっと早く言わなかった?」

今さら言われても、どうにもならないこと。もっと早く言ってくれたらどうにでもなった …

no image
5000円の講座をつくったら、それにはいくら分の価値があるのでしょう?

講座づくりを研究し続けて16年。   役立ちそうなノウハウを学びにいっては資格を …

no image
集客の時代は終わりました…

オリジナル講座をつくることをサポートしていると、実は半分くらいの内容は、集客の相 …

no image
熊本大震災お役立ち情報まとめ

熊本市に必要な、気象庁や県、市の情報がリアルタイムにまとめられている掲示板 ht …

w_hand_up_01_bk
スパムアプリ?Wiper messenger

ここ2〜3日の間に、友だちからアプリの招待通知がFacebookに届いています。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。