講師の道具箱

講師初心者からプロまで、お役立ち情報まとめサイト

*

なぜこのセミナーは、心地よい空間だったのか?

   


【なぜこのセミナーは、心地良い空間だったのか?】
 
リラクセンスボディセラピーの講座に参加してきました。
%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9
  
とても心地よい時間が流れた2日間。
もちろんボディセラピーの演習もあるので
それも心地よいのですが(笑)
 
受けていて心地のよい講座って
共通点があるように思います。
 
 
講座って何かしらの成長をする場だと思うんですね。
 
でもこの成長を促すときって、
今の自分を否定してくる講師って多いものです。
 
・そのままではイケない。
・それでは未来は不安がある。
・生まれ変わらなければならない。
 
動機を引き出すテクニックでもあるし、
そういう世界観をウリにするのも一つではあります。
 
でも、
否定されて心地よさを感じる人は多くないでしょう。
 
 
リラクセンスボディセラピーの講座では、
絶対に否定されることはありませんでした。
 
「それでも、もちろんいい」
「それをすることは、こんないいことがある」
「あなたがそれを選んでいたことは意味がある」
 
すべて受け入れてくれます。
 
その上で提案してくれます。
 
「こういう場合はどうしよう?」
「こんな考え方もある」
「こうすると、この時はやりやすくなる」
 
否定ではなく提案。
 
変わらねばならないのではなく、
新しい選択肢を手に入れる。
そんな時間の講座。
 
こんな空間だったので
とても心地よかったです。
 
 
どうも僕は、
「ゴールはこっちだ!と、ゴールから呼びかける講師」
よりも、
「受講生の場所まで迎えに行き、認め提案し励ます講師」
が好きです。 
 
 
今までの人生も大切にしつつ、
これからの人生をよりよくする選択肢を提供する。
 
そんな世界観で講座を提供するのも
いいですね!
 
 
相手と同じ視点になるために何を意識しよう?

 - 講座のつくり方

コメントを残す

  関連記事

image
小さな差を見抜く

帯広にゲストがきてくれたので、 お気に入りのお店にお連れしました。 そのひとつは …

image
講座はコース料理みたい

講座ってコース料理みたいな ものだなって思います。 前菜があって、 スープがあっ …

no image
ストーリーから学ぶ

メンタリストDaiGoさんの講演に参加してきました。 テーマは「ちょっとした行動 …

image
成長を実感できる仕組みをつくる

家族で深川にあるプールに行ってきました。 そこはウォータースライダーや流れるプー …

no image
あなたと言えば?

自分は何者なのか? 僕はこれがわかりませんでした。 職業訓練の指導員でもあり、 …

no image
「責任」とは「自由であることを思い出す」こと

僕が大切にしている在り方の1つに、 「もしも自分に100%の責任があるとしたら、 …

image
標識のように分かりやすく

北海道の道を車で進んでいると、「熊出没注意」とか、「熊目撃情報(捕獲されたらその …

image
ユーデミー(Udemy)はじめました

ユーデミー(Udemy)をはじめました   Udemyはオンライン教育 …

d0c1e4505b1664bef6703d01e81c99ae_s
運動会から学ぶ講座づくり

今日は娘の小学校で運動会でした。 例年は東京での講座開催とぶつかってしまい、 な …

no image

東京から帯広へ帰ってきました。 飛行機の中から畑を見ると、 「帰ってきた!」とい …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。